00-title

Wild Duck Creek ワイルドダッククリーク

00-title

Wild Duck Creek ワイルドダッククリーク



History of Wild Duck Creek

ワイルドダッククリークの歴史


ワイルド・ダック・クリークはデーヴィッド&ダイアナ・アンダーソンによって1979年に産声を上げました。
しかし、一番最初に6000ドルで購入したヒースコートの畑 に関しては1971年まで遡ります。
‘私が十代の頃は何よりもとにかく土地を手に入れたった、だからそのチャンスが訪れた時は飛びついたんだよ。下見もなしにね。そして最初に購入した土地を見た時、 ここは家畜の放牧でもぶどう畑でもなく素晴らしい森、もしくは採石場になると確信したよ。不意にフェンスの向こう側が売りに出されてね、ダイアンと私は即買ったよ、だってそこには‘土‘があったからね!byダック

誰でも知っているデイヴィッドの愛称は`ダック`


The humble origins of Wild Duck Creek date back to 1971,

The actual name “Wild Duck Creek (WDC)” was started by David and Diana Anderson in 1979. But dates back further: to 1971: with the purchase of their first Heathcote property for $6,000!
“In my teens I hankered to farm anything really, and when the opportunity presented itself to buy some land, I jumped at it ‘site unseen’.
Upon first seeing the block I’d purchased, it was evident that it was great for a forest or perhaps a quarry, but not animal raising or a vineyard. Unexpectedly, the land over the fence was for sale, and Diana and I broke heaven-and-earth to buy it; because it had soil!”… ~ Duck

David is known as “Duck” by everyone who knows him.





02-image
03-image

そして彼らは1979年に最初のぶどうを植えるに至ります、その畑の名前は
「アランズ・カベルネ・ヴィンヤード」
ディヴィッドのお父さんの名前に因んでつけられました。次に植樹がされたのは1988年、ダイアナの両親が所有していた畑で彼らはこの畑は「オリジナル・ヴィンヤード」と名付けました。ワイルドダックワイナリーはヴィクトリア州、ワイルドダッククリークに沿ったヒースコートの8km西に位置しています。伝統的なワイン造りは手摘み、開放桶でのアルコール発酵、櫂入れ、バスケットプレス、長期樽熟成ですが、自社畑にはビオディナミの重要性も取り入れています。
素晴らしいワインを導き出すのはとりわけブドウ畑とその土地の選別によるためダックは頑固なままですが・・・一家はワイナリーのオペレーションを少しずつ息子のリアムに任せ始めました。15年前、ダックの息子・リアムは確かな情熱を持って加わり、徐々に家族の持ち畑をビオディナミ農法による栽培に移行させてきました。
この工程からの変化は見違えるほどにブドウの健康状態が改善するなど明白で、素晴らしい恩恵を享受しました。

They planted the first vines in 1979 and called their vineyard “Alan’s Cabernet Vineyard” paying tribute to David’s late father Alan. The next vineyard they planted wines on was in 1988 was owned by Diana’s parents, which they named “The Original Vineyard”.
Wild Duck Creek winery is situated 8km west of Heathcote, alongside the Wild Duck Creek in Victoria, Australia.
Traditional winemaking methods including hand-picking, open fermentation, hand-plunging, basket-pressing, and long-term barrel-ageing are fostered, as is the use biodynamic principles on our own vineyards. Duck remains adamant however, that it’s still the vineyard and site selection especially, that dictate great wines.
This family owned and operated winery is slowy changing hands for Ducks son Liam.
About a 15 years ago, Liam, Duck’s son came along and injected his obvious passion into our winery, taking the viticulture to the next level including gradually converting all of the family owned vineyards to be grown bio-dynamically.
そして今では親子のパーフェクトなチームワークが誕生しました。リアムの組織的かつ改革的なアプローチが風変りな父親ダックの手法と完璧にマッチしたのです。
ユーモラスが素晴らしいチームを生み出したのです。彼らの目標は楽しいという感覚が増幅する様なバランスと力強さを備えた、他にはない唯一無二のワインを造ることなのです。


The changes from this process are palpable including improved visual vine health, and our wines have benefited greatly.”

  Now both father and son make the perfect team; Liam whose methodical yet innovative approaches matches perfectly with Duck’s eccentricity – a humorous to make a brilliant team!
Their goal is to produce extraordinary wines of balance and power that enrich and delight the senses.



02-image


Wine List

ワインリスト







株式会社 AWines  エイワインズ   info@awines.jp


〒063-0823 札幌市西区発寒3条1丁目10-13